織田信成(織田くん)の現在は病気?ドラマ仕事やモラハラで疲れた?年収について

男子フィギュアスケートでバンクーバー五輪7位入賞を果たし、引退後もプロスケーターとして活躍する一方で、その強烈な「号涙キャラ」で芸能界でも大ブレイクした織田信成さんが、自身のブログで関西大学に対してモラハラを受けたと発言をし大変な騒ぎになっています。現在の織田信成さんの精神状態や病気と言われる訳、や収入について徹底究明してみました!

織田信成プロフィール

  • 名前:織田信成(おだ のぶなり)
  • 出身地:大坂府
  • 生年月日:1987年3月25日
  • 引退:2013年12月24日
  • 現職業:プロスケート選手、タレント

フィギュアスケート男子バンクーバー五輪で輝かしい成績を残し一躍脚光を浴びましたが、惜しくも2013年12月には引退し、プロスケーターへと転向します。

さらに感激屋で繊細な織田信さんは、なにかにつけすぐに「号泣」姿がテレビで放映され、そのキャラで爆発的な人気を掴み、タレントとして、解説者として、更には役者としても活躍する不動の地位を確率します。

織田信長から数えて17代目の末裔ともいわれており、引退後も順風満帆な生活を送っていた織田信成さんですが、アイススケート部監督としてつとめていた関西大学アイススケート部との間にトラブルがあった事が発覚し世間を騒がせています。

織田くんの病気の原因は関大からモラハラ

2019年9月9日、織田信成さんがアイススケート部監督をつとめていた関西大学は、突然 織田信成さんが監督を退任することを発表し話題になりました。

一方、その発表に対して2019年9月29日、織田信成さんは自身のブログで関西大学に対する不信感を告白したのです。そして「関西大学アイススケート部監督辞任について」というタイトルで衝撃的な発表をしたのです。

「多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、また関西大学との話し合いの場で『多忙で監督として十分な時間が取れない』とは一言も話していません。

辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3カ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです」。

嫌がらせやモラハラ行為があった事が理由で監督を辞任した事について説明しました。

しかも「その影響で体調を崩した」という事からもわかるように、そうとう過酷な嫌がらせがあったのでは無いかと言われています。

さらに、織田信成さんは続けます。

本件については7月に弁護士が同席して関大と話し合い、2カ月が経過したが、結果報告がなかったとしている。最後には「途中で職務を投げ出す形になり、本当に申し訳なく思っています。どんな状況でもスケートを教える事がすごく楽しかったので、自分がもっと強くいられればきっとこんな風にはならなかったのだと反省しています。13年間、お世話になった関西大学たかつきアイスアリーナを去る事は大きな決断でしたが、指導者としての夢はまだ諦めていないので、オファーがあれば、どこへでも行って指導できればと思います」と思いを記した。

と、自身の体調の悪さもそっちのけで、アイススケートを学ぶ若者への教育の意気込みを語りました。

それにしても、織田信成さんの心身の病気の具合が本当に心配になります。

もしモラハラやイジメが事実であれば犯罪です。事実を明らかにし、早期の解決を願うとともに、織田信成さんの体調も健康な状態がとりもどせることを心からお祈りします。

ドラマで役者としても活躍する織田信成の年収は?

小栗旬さんが主演をつとめるドラマス「二つの祖国」に、織田信成さんが「ラストエンペラー」こと「愛新覚羅溥儀」の役で出演することになり話題となっています。

織田信成さんの演じる溥儀は中国最後の王朝「清」の皇帝で、後に満州国の皇帝となった大物で、1987年に公開された映画「ラストエンペラー」では主人公になるなど、とても重要な役割なのです。

ドラマの中では中国語のセリフにも挑戦するなど、とても大役を授かったのです。

織田信成さんはそれ以外にもCMやバラエティー番組への出演、そして解説者などとしても大活躍されているので、年収はそうとうなものだと思います

しかし、残念ながら、その金額はどこを調べても情報が出てきませんでした。もしもわかり次第、追記しますのでお楽しみに!

しかし、フィギュアスケート選手ですから、相当な強い精神力を持っているとは思いますが、なにぶん繊細な心の持ち主でもあります。

もしかしたら、関西大学でのモラハラ以外にも、こういったドラマなどのスポーツとは別の畑である「役者」としての仕事に多少ストレスや疲れを感じているのも体調不良の要因なのではないでしょうか?

まとめ

とにかくイジメはいけません!

織田信成さんのような純粋で真面目な人をイジメるなんてどういった理由があってもあってはならない事です!

また、織田信成さんには、あまり仕事に忙殺されないように、体調復活優先で活動をしてほしいと思います。

織田信成さんには「嬉し涙」しか見せてほしくないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!