井浦新(ARATA)のブランドが倒産?改名した理由と激動の人生

俳優、ファッションモデル、ファッションデザイナーとマルチに活躍する井浦新さん。「ARATA」から「井浦新」に改名した理由は?また自身のファッションブランドが倒産した経緯など井浦新さんの波乱万丈の人生をご紹介します!

井浦新(ARATA)プロフィール

  • 名前:井浦新(いうら あらた)
  • 生年月日:1974年9月15日
  • 身長:183cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優、ファッションモデル、ファッションデザイナー

大学在学中にモデルとして芸能界に入った井浦新さんは、その後すぐに俳優を目指すために演技の勉強を始めます。

モデルとしてはパリコレなどにも出演し、井浦新さん自身でもそのセンスの良さからファッションデザイナーとして「リボルバー」というブランドを立ち上げつなど、マルチな才能を発揮します。

俳優としても数々の作品で主役をはる名役者です。

女性ファンには残念ながら、現在 井浦新さんは既婚しており、お相手は10歳年下の「山本あい」さんという一般人女性で、奥様のお父さんはなんという自民党所属の山本有二さんという政治家です。

そしてお子さんは2人おり、4人家族で幸せに暮らしているようです。

改名した理由

井浦新さんはがデビュー時の名前「ARATA」から本名である「井浦新」という本名に改名した理由がわかりました。

2012年に公開された映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」に主役の三島由紀夫役で出演した井浦新さんはエンドロールにアルファベットの「ARATA」という名前が流れる事は、「三島由紀夫」という大役に対して違和感があったからだというのです。

エンドロールに自分の芸名「ARATA」がアルファベット表記で流れるのは、自分が観客だったら残念な気持ちになる

と語っているように、監督と話し合い改名という大きな決断にいたったようです。

井浦新のファッションブランド倒産で大負債!

ファッションモデルとして芸能のキャリアをスタートさせた井浦新さんは、パリコレに出るなど、本格的なモデル活動のかたわら、1998年11月には自身のファッションブランド「リボルバー」を立ち上げました。

一時期は年商6億円という絶頂期を迎えますが、残念ながら1億4千万円の負債を残して倒産してしまいます。

まるで天国から地獄のような思いをした事でしょう。

俳優やモデルなどの芸能仕事に打ち込みすぎたので経営の方は手薄になってしまったのでしょうか?

それでも井浦新さんは諦めず、「リボルバー」の中にあった小さなリリースラインの「FARRELL」を新たに展開すると共に、2007年には、改名して「エルネスト・クリエイティブ・アクティビティ」
(ELNEST CREATIVE ACTIVITY)というブランドでデザインの活動も精力的に復帰しているのです!

この新しいブランド「エルネスト・クリエイティブ・アクティビティ」は波に乗り、2012年には代々木上原に「マイトリー」というショップをオープンさせるなど、今乗りに乗っているようです!

まとめ

俳優、モデル、ファッションデザイナーなど、多岐に渡り才能を発揮しつづける井浦新さん。

一本の映画をきっかけに改名までする勇気と、自身のブランドが倒産した後もめげずに再度チャレンジする強いファッションへのこだわり。

波乱万丈な人生を乗り越える見本にしたいものですね!

これからも井浦新さんを応援し続けます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!