小泉進次郎の英語力!発音は上手い?下手?セクシーに対応!

2019年9月23日、小泉進次郎氏がNYでの国連の環境関連のイベントに環境大臣として、英語でのスピーチをしました。その様子がニュースにも流れて、日本の政治もニュージェネレーションに入ったのだな、と感じた人も多いでしょう!実際の小泉進次郎氏の英語力やスピーチでの発音の上手、下手について、NYに10年住んでいた私が検証します!

小泉進次郎のセクシースピーチ

まずはアメリカでも話題になった「気候変動問題はセクシーに対処」という記者会見から聞いてみましょう。

個人的にこのセクシー発言、嫌いじゃないですw。

そして、このセンスはお父様の小泉純一郎氏の血をそのまんま引いているのではないか、という感じです。

まだ若くてイケメンなので、この笑いが日本人に受け入れられるかどうかは分かりませんが、外交を行う上ではかなり有利なんではないでしょうか。

やはり、人の話って真面目につらつら喋られても眠くなるというかw、耳に入ってこないので、こういう強いワードを使ったり、笑いを誘ったり、というのは大切なのでは、と個人的に思います。

小泉進次郎の偏差値と英語力

小泉進次郎氏の英語力、こちらはズバリあると断言できます

記者会見の言葉にしろ、そのあとのスピーチにしろ、小泉進次郎氏は事務方が書いた英語のメモに一切頼らず、自分の言葉で話をしています。

実は小泉進次郎氏の出身大学は、関東学院大学経済学部経営学科ということで偏差値が低いとされています。

しかしですね、その後NYのコロンビア大学大学院に留学し、2006年に政治学の修士号を取得します。

コロンビア大学というと、結構な名門ですね。宇多田ヒカルさんが大学は入ったものの中退しましたが、彼女の偏差値は高かったので。

しかも大学院で政治学の修士号ということは、きちんとした英語力がないと到底卒業できません。

特にアメリカの大学・大学院は卒業するのがとても大変なのです!!

そういった意味でも小泉進次郎さんは、関東学院大学・コロンビア大学院ともに在学中にかなりの努力をされたのではないかと思います。

小泉進次郎の英語の発音

小泉進次郎さんの英語の発音に関してですが、これはずばり、アメリカ人の発音ではありません。

しかし、しっかりと意味が通ります。

NYという土地柄、街にはいろんな英語を話す人がいます。

アフリカ訛り、ヨーロッパ訛り、中国訛り、などなど、数えればキリがありませんが、NYにいた小泉進次郎さんにとっては、そういう意味で居心地は最高だったと思います。

アメリカも田舎に行ったりすると、「は?発音やり直してこい!」なんてことを言われたりするので(涙

小泉進次郎の英語に対する周りの反応

やはり、政治家が英語圏で笑いを取る、というのは新しいですよね!

厳しい意見もあります、この英語下手というのは、あくまで発音のことかと・・・。

確かに、セクシーに対処ってどういう意味なんだろww

うーん、いろいろ厳しい意見もありますが、これもまた有名税かな、と。

それに対して、今や世界的に俳優として、またミュージシャンとして活躍するmiyaviの英語はものすごいと話題になっています!!↓

miyaviの英語力!発音は上手い下手?勉強法について紹介

まとめ

小泉進次郎さんは英語というカードを持って、今回国連のイベントに臨みましたが、そこでの発言やスピーチはいろいろな意味で話題になりました。

そして、個人的には英語力はあるかと思っています。

ただ、日本人であるのだから、英語がしっかり通じれば、別にアメリカ人の発音じゃなくても良いのではないかと思うのです。

私たちだって、外国人が日本語を話す時、ペラペラしゃべれたらそれでびっくりするし、まあ聞きやすいけど、完璧じゃなくても、通じる日本語を話してくれれば理解しようとしますよね??

小泉進次郎さん、これからもセクシーな対応をお願いしますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!