今田美桜のドラマ(ドクターX)演技は上手?下手?津軽弁は大丈夫?

「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演の今田美桜さんは「福岡で一番可愛い」というキャッチフレーズでデビューしました。映画を中心に最近では、テレビドラマなどの出演で知名度を伸ばしています。今田美桜さんの演技は上手なのか?それとも下手なのか?また福岡出身の今田美桜さんの津軽弁の演技の評価はいかがでしょうか?

今田 美桜プロフィール

  • 今田 美桜(いまだ みお)
  • 1997年3月5日(21歳)
  • 福岡県福岡市出身
  • 157cm、A型
  • 女優(映画、TVドラマ、CM)

「目力がすごい!」と話題の今田美桜さんはデビュー前から「福岡で一番かわいい」と地元の福岡県でも話題となっていました。

16歳の時にスカウトされ芸能界入りし、2015年には映画『罪の余白』に出演し、同年出演した『カランコエの花』では見事に主演の座を獲得しました!

そのほか、現在ではテレビドラマにも出演するなど、その知名度はお茶の間に浸透してきています。

今田 美桜の演技は上手い?それとも下手?

今田美桜さんは特徴的な大きな瞳を活かした迫力の演技をしているといわれていますが、はたして一般の人たちにどのような印象を与えているのでしょうか?

演技が上手いのか下手なのか?SNSで意見を調べてみました。

「やっばい」出ました〜!w 相当な迫力に視聴者も釘付け?

やはり特徴的な「目力」を活かした大迫力の感情をあらわにするような演技が好評のようです。

このように、今田美桜さんはの演技力は「カランコエの花」で監督を務めた中川駿さんからも賞賛の言葉を得るほどの才能をもっているんです!

しかし、残念な事に、吹き替えの仕事には、あの「目力」は使えません。

映画「メン・イン・ブラック」の吹き替えに挑戦した今田美桜さんの評価はご覧の通り↓

やはり、声だけではなかなか伝わらないものがあるようです。。。

吹き替えは、別人のキャラクターに声を当てはめる仕事なので、もしかしたらキャラクターのキャスティングが間違っていたのか、それとも今田美桜さんがいつもと違うシチュエーションで緊張し、声をだし切れなかったのか。。。

あまり評判が良くないのは残念ですね。

博多弁が方言の今田美桜が話す津軽弁は?

バラエティー番組などへの出演の際も、ちょこちょこと生まれ育った福岡の方言「博多弁」を喋り「カワイイ」と大好評の今田美桜さんですが・・・

2019年10月17日にスタートの大人気テレビドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に青森県から上京した新人看護師・大間正子の役を演じます。

この「青森県」というキーワードがミソで、なんと今田美桜さんは出身地である福岡から遠く遠く離れた青森県の方言「津軽弁」でのセリフを使うシーンがたくさんあります。

これは、普通にピンチですよね!?w

今田美桜さんが地元の方言「博多弁」で話す動画はこちらでチェックです!↓

感情が高ぶると、ついつい津軽弁が出てしまうという難しい役柄ですが、今田美桜さんは

今田美桜

「全くなじみのない方言なので、すらすら言えるよう、今勉強中です!」

と不安を抱えながらもレリフをスムーズに言えるように猛特訓中と言っていました。

実際の声をSNSで拾ってみました。

ファンで津軽弁がそこまで分からない人にはあまり関係ないかもしれませんが、地元の人はやはり自分の場所の言葉が気になるもの。

あまりハマってないとワザとらしく聞こえて、急に演技の評価につながるので気をつけたいですね!

また、ドラマが始まり次第もっとたくさんの反応を載せたいと思います!

そして本日、2019年10月17日にドクターXがはじまりました!!

ツイッターでは、

なかなか好評です!!

まとめ

流星のごとく福岡から現れた「目力」の強い演技派女優今田美桜さんは、激しい感情的な演技が大好評で、その迫力も新人とは思えないほど堂々としています。

声優としては低い評価を受けてしまいましたが、まだ若いのでこれから場数を踏んで、よりマルチな仕事ができるように成長してもらいたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!