リーチマイケルはラグビー最強キャプテン!トレーニング法は?

ワールドカップ日本大会が迫る中、ラグビー日本代表チームを引っ張る最強キャプテン「リーチマイケル選手」。春に起こった恥骨炎の発症をきっかけに、骨盤まわりのトレーニングの重要性に目覚めたというリーチ選手が独自に行っているというトレーニング方法を紹介します!

リーチマイケル選手はラグビー日本代表チームの大黒柱!

1988年、ニュージーランドに生まれたリーチマイケル選手は、高校生で来日し東海大学へ進学し、U20の代表や大学選手権などで活躍した後、東芝ブレイブルーパスに加入します。

189cmの恵まれた体格と稀に見る身体能力で頭角を現します。

2015年に行われたワールドカップでは、日本代表チームの大活躍を大黒柱として支えたリーチマイケル選手ですが、ラグビー選手として最も熟成期を迎えた30歳のリーチマイケルは、春に行われた合宿中に恥骨炎を発症してしまいました。

しかし、7月27日のフィジー戦では約8か月の休養で実戦に復帰しました。いったいどんなトレーニングを行っているのでしょうか?

リーチマイケル選手のトレーニング法は?

恥骨炎の発症をきっかけに、骨盤まわりのトレーニングの重要性に目覚めたと語るリーチ選手ですが、普段のトレーニングはいったいどんなものなのか気になりますよね。

リーチマイケル選手は恥骨炎が発症した事についてこう語っています

「ウェイトトレーニングのやりすぎで発症してしまったんです。だから今はその日ごとの状態を確認しながら、下半身、上半身と日によって部位を変えてトレーニングしています。一番意識しているのはケガした部位を支える股関節まわりの強化と、上半身のパワーアップですね」

189cmの長身で迫力のある鍛え上げられたボディーを持つリーチマイケル選手の肉体ですが、「下半身に比べて上半身が弱い」と自分の弱い部分を冷静に認識しているようです。

さらにリーチマイケル選手は謙虚にもこのような発言をしています

「意外に思われるかもしれませんが、懸垂が5~6回しか出来ない(笑)。プッシュするパワーはあるのですが、プル(引く)パワーが足りないと感じているので、懸垂はもちろんパワークリーンというバーベルを使った種目を行ったりして、ただ筋肉をつけるのではなく、より実戦的な筋力を養っています。下半身の筋力維持のためにデッドリフトも欠かせません」

と、弱いとされる上半身を重点的に強化トレーニングしながら下半身の筋力維持も忘れていないようです。

そしてリーチマイケル選手のトレーニング方法はパワー系だけじゃなく、ゆっくりと圧をかける有酸素運動も取り入れているようです。

「ここ数年、コンディショニング維持のためにワットバイクを取り入れています。ただ漕ぐのではなく、短時間フルパワーで漕いだり、長時間ゆっくり漕いで有酸素運動をしたりとさまざまなメニューがあるのですが、どれも結構キツい。でも体脂肪を減らしてウェイトをコントロールしたり、スピードと持久力の両方を鍛えられたりと効率的なトレーニングができるんです」

さすがラグビー選手だけあって、瞬発力だけで無く、持続力をつけるための効率的なトレーニングを取り入れている事がわかりますね。

体重も105kgと筋肉の塊のようなリーチマイケル選手の身体能力とパワー、そしてコンディションを維持するためにはトレーニングのやり方を効率良く工夫している事がわかりますね。

体幹(コア)の強化が必要不可欠!

また、リーチマイケル選手が強靭な肉体を作り上げるために最もウェイトを置いているのが「体幹」だといいます。相手選手と激しく衝突した時にも耐える肉体を作り、更に前進するためのパワーはコア(中心)の強化が必要不可欠だといいます。

コアを鍛えていれば、ケガをするリスクも抑えられるだけで無く、プレー内容を大きく左右する大事なポイントなのです。

リーチマイケル選手は、バーベルを握る際も重心がどこにあるかを絶えず意識しながら行い、ワットバイクを漕ぐ際も常にカラダのバランスをチェックしながらトレーニングしていると言います。

コンマ0.1秒の機動力と俊敏性は勝敗を左右する!

リーチマイケル選手がコアと同様に重視しているのが、ラグビー選手に欠かせない機動力と俊敏性だと言います。

特にリーチ選手のようなフランカープレーだと、常に先を読みをし、狙ったポイントに猛スピードで駆け込めるかが勝敗を決める鍵となります。

また、ラグビー選手として現在最高の成熟期である30代に入ったリーチマイケル選手は、身体の柔軟さについてもこのように話しています。

「30代になって一番考えるようになったのはモビリティかもしれません。いくらウェイトで筋肉をつけてもカチカチに固めすぎてはケガにつながりますから。最近は長い棒を両手で横にして持ちながらバランスをとるなどして、カラダの左右差をなくすよう心掛けている。そういう細かいことも一瞬の動きの違いにつながると考えています」

30代という年齢と、怪我を経験して理解した事を、自分の肉体に反映させるようなトレーニングに取り入れるリーチマイケル選手はさすがに最強キャプテンといわれる通り、プロフェッショナルな選手なんですね!

こうして骨盤のポジションや、それを支えるための周囲の筋肉作りは、バランストレーニングやワットバイク、そしてウェイトトレーニングと同様にカラダに無理なく行うために必要なんです。

更にリーチマイケル選手は「コア」を鍛える重要性をこう話します

「リハビリを行うなかで腹部を中心に体幹トレーニングを行ったり、尻の筋肉を意識して鍛えたところ、今まで前傾気味だった骨盤がニュートラルポジションに戻ってきた感覚があるんです。それで実際カラダの動きは良くなっている。やっぱりコアは大事だなと」

まとめ

リーチマイケル選手の様々な経験から生まれた独自のトレーニング方法の実践は、見事としか言いようがありません。

また、アスリートでなくても、コアを意識して強化する事で身体の筋肉をバランス良く、そして効率的にトレーニングする事がわかりましてね!

リーチマイケル選手には、更に強靭な肉体を作って、日本を勝利に導いて欲しいですね!応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!