キンプリ平野紫耀が『嫌いなジャニーズ第10位』!?その原因は意外な過去!

現在、実力派アイドルグループとして大人気をほこるKing&Prince(キンプリ)の平野 紫耀さん。しかし残念なことに、『嫌いなジャニーズ第10位』に選ばれてしまいました。平野さんといえば天然ボケ発言で特集番組もできるほどの人気者。いったい彼になにがあったのでしょうか?

大人気のキンプリ平野が嫌われてしまった原因とは?

2018年にデビューし、いきなりその年の紅白歌合戦にも初出場するほどの人気をほこる『キンプリ』こと『king&Prince』。

中でも天然ボケ発言などでお笑いバラエティーなどでひっぱりだこの大人気メンバーが平野紫耀さんです!

しかし、そんな大人気の彼がなぜか『嫌いなジャニーズ』ランキングにランクインしてしまい、一部のファンが離れるなどの事態に!

平野紫耀さんが嫌われてしまった原因には、過去のある出来事に起因していると言われます。

キンプリ平野『嫌いなジャニーズ』ランキング10位にランクイン

週刊文春2018年12月13日発売号が行った調査によると、平野紫耀さんは『嫌いなジャニーズ』の10位に入ってしまったのです。

上位9位までのメンバーは木村拓哉さんをはじめベテラン勢が多く、「有名税」ととらえる事もできますが、まだ新人の平野紫耀さんがランクインしているのは少し疑問が残り、そうとうな何らかの原因があったと考えられます。

なぜこんなことになってしまったのでしょう!

実は平野紫耀さんはキンプリに入る前は関西ジャニーズJr.で活動していました。

その当時は『Kin Kan』というユニットに在籍していたのですが、2014年頃から東京での仕事が増えた事で東京ベースの活動に以降していきます。

そのこと事態はファンも喜んで応援していたのですが、この時平野紫耀さんが発言した『ある言葉』がきっかけで、ファン離れがおきてしまったようです。

平野紫耀さんが嫌われてしまう原因になった発言とは?

2018年、キンプリのデビューの際に行われた発表会見で、平野紫耀さんがジャニー喜多川社長に「6人でデビューしたい」と自ら直談判したことが明らかになったのです。

これも平野紫耀さん特有の『天然』からくる発言だったらよかったのですが・・・自ら直談判したというところがマズかったようです。

平野紫耀さんと一緒に関西で一緒に活動しているジャニーズの仲間に対しての気持ちや、関西で昔から応援しているファンへ対して配慮の無い発言だという認識をされてしまいました。

結果的に「関西を見捨てた」、あるいは「うらぎられた」ととられてしまったようです。

火に油を注ぐ発言や行動の数々が最悪の事態に!

そんな中、更にファンからのバッシングを受ける発言を平野紫耀さんはしてしまいます。

キンプリがデビュー直前『ポポロ(2018年4月号)』に受けたインタビューで平野紫耀さんの発言は、

「ちょっと冷たい言い方に聞こえたらごめんなさい、東京に出てきた時点で、もう関西には戻らない覚悟だったんですよね。だから、関西の仲間を忘れた、とか、東京での仲がいい仲間だからとかで決めたことじゃないんです。僕らなりに、いろいろ考えて出した答えなんです。」

この少し冷めたような発言を関西ジャニーズ時代から応援していたファンたちはさらに傷つく事になります。

「傷付いた」

「関西のことを軽く思っていたのか」

など、悲しいという意見が多数上がりました。

また、2018年3月に平野紫耀さんは関西Jr.の公演『春休みスペシャルShow 2018』を3年ぶりに観劇しに来た際、ファンからは

「自分のデビューが決まったから見学に来るなんて当てつけ?」

「今まで来なかったくせに」

など、平野紫耀さんに対するネガティヴな意見が沢山聞かれました。

さらにタイミングが悪かったのか、この公演を見学した翌日、平野紫耀さんはキンプリのメンバーとUSJで遊んでいる姿が目撃され、その情報はすぐにSNSで拡散されてしまいました。

その事でファンからのさらなる怒りをかいます。

「昨日の見学はUSJのついでだったの?」

など、平野紫耀さんに対する批判的な意見が多数浴びせられたのです。

まとめ

一度失った信用を取り戻すのは並大抵ではありません。しかし、最近の平野紫耀さんの大活躍を見ると、ファンが両手をあげて許してくれるのも時間の問題という気もします。

天然ボケ発言で有名な平野紫耀さんですが、軽い気持ちで言ってしまった事が大きく炎上してしまう芸能の世界。

多くの批判的な意見に負けず、これからも頑張って活躍してほしいですね!

でも、「口は災いの元」といいます。また失言をしないように平野紫耀さん気をつけてね!

応援してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!