ニコ生富士山滑落→安否不明、司法試験浪人生さんの生死は?

2019年10月28日にニコ生主の司法試験浪人生さんが配信中に富士山から滑落し安否不明になっています。この模様は生配信され、多くの人が視聴しており、「ニコ生での富士山滑落めっちゃ怖い」「危ない」など安否を心配する声のほかに、「ざまあ」などの心無い言葉も見受けられ話題となっています。今回はこのニコ生滑落事故についてレポートします。

ニコ生主の司法試験浪人生さんの滑落の瞬間

こちらがニコ生主の司法試験浪人生さんの滑落の瞬間の映像です。

雪が積もって滑りやすくなっている上に、気温も極寒のようで配信中には司法試験浪人生さんの声で「どうるす指…」「脇で指を温めよう」という焦りの言葉が聞こえてきます。穴の空いた手袋をしていたという情報もあります。

そして歩き進み、柵のないところまで行くと「斜度が30度くらいある」「滑るっ、うわああ」「危険、危険」「危ない」などと叫んでいます。

そして最後に転倒すると同時に勢いよく滑落していき、配信が止まります。

安否不明!安全装備無しで登山は自殺行為

ニコ生で登山の中継をした司法試験浪人生さんは、登山のために必要不可欠なピッケルやアイゼン等の装備を用意しないで富士山に登った可能性があると映像を見た視聴者からの声が上がっています。

実際に映像に写っている司法試験浪人生さんの靴をみると運動靴のような軽装で、とても登山の装備とは思えないような不備が確認されています。

このような行為は雪山に登る際には直接「死」につながる危険なもので、絶対におこなってはいけないという指摘が多く聞かれます。

https://twitter.com/smiura3000/status/1188916473160327168

また、画像からもわかるように、GoProなどのように頭に装着するカメラでは無く、スマホから配信していたことがわかります。しかも、片手でスマホを持ちながらこれだけの斜度の雪山を登るということは自殺行為といわれてもしかたありません。

司法試験浪人生さんはのTweetが途絶えた

司法試験浪人生さんのTwitterアカウントは「TEDZU@10kgなら50日で痩せられるキャンペーン」というという名前で利用されていましたが、ちょうど富士山に登る前の10月28日午前10時26分に「バス酔で気分悪い もう帰りたい」というツイートを最後にその後のTweetが途絶えていることから、安否が心配されています。

まとめ

おそらく現在の山の気温、そして激しい滑落、また軽装備で登山した司法試験浪人生さんの命は既に亡くなられているのでは無いかと推測されます。

既に捜索願いが出されているようですが、ヘリの出動ができない座標とのことで、1日経過してからの捜索開始となったようです。

最近ニコ生を始め、様々なSNSで危険な動画をアップする人々が増えています。

こういった行為は自分の命だけでは無く、捜索隊など周囲の人々の命を危険にさらす身勝手な行動です。

司法試験浪人生さんの無事を祈るとともに、二度とこのような事故が怒らないことを願います。

※その後の最新情報が入りましたら追記いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!