梶原雄太(キンコン)はYouTuberのカジサック?失踪した理由は?

梶原雄太さん(キンコン)が絶頂期の時に失踪してしまった過去があります。原因はなんだったのでしょうか?またYouTuberのカジサックとは?相方の西野亮廣さんとの現在の関係も気になりますよね?今回はキンコン梶原雄太さんにフォーカスを当て、気になる過去と現在を調査しました!

梶原雄太はYouTuberのカジサック?

今やあまりTVで見なくなってしまった梶原さんですが、実は「カジサック」という名前でYouTuberとして爆発的な大成功を収めているんです!

梶原さんは2018年10月にチャンネルを開設して活動を始め、「2019年末までに登録者数が100万人に届かなかったら芸人を引退する」と公言してスタートしましたが、既に現時点で登録者数はなんと118万人を超えるほどの大人気。見事目標を達成しました。

YouTubeからは登録者数が100万人を超えたチャンネルに贈られるという「金の盾」も手にする事もできたようです。

登録者数100万人という数字は、並大抵なものでは無く、確実に有言実行した梶原さんの情熱と努力は大きな評価に値すると思います!

梶原雄太の年収は?稼いでる?

一般的にYouTuberの平均月収は「チャンネル登録者数の3倍」と言われています。

現在のカジサックさんのチャンネル登録者数は118万人なので(2019年9月5日現在)

毎月のYouTubeでの収入は、118万×3=267万円!

という事になります。これが年収に換算すると、なんと4200万円以上!!!!!!!!!

更に、現在でも吉本興業と契約続行中の梶原さんは、TVではあまり見る事はなくなりましたが、漫才ライブの仕事もコンスタントに月に30本は入っているといいます。

それらを合算すれば、更に大きな年収に結びついている事がわかりますね!

梶原雄太が失踪した理由は?

吉本興業が主宰する芸人養成所NSC在籍中、1999年に相方の西野亮廣とお笑いコンビ『キングコング』を結成しました。そして翌年の2000年には在籍中(在籍中は基本的に舞台に立ってはいけないという決まりがあったようです)であるにも関わらず異例のNHK上方漫才コンテストへ出場し「最優秀賞」を受賞してしまうのです。この時、梶原さんはまだ19歳という若さ。

更に2001年には「ABCお笑いグランプリ 最優秀新人賞」「OBC上方漫才大賞 新人賞」「YTV上方お笑い大賞 最優秀新人賞」とあらゆる賞を総なめにし、一躍時の人達へ!

そして2002年には9本のレギュラー番組を持つ超売れっ子芸人へと一気に上り詰めた。

しかし、あまりの仕事量に忙殺され、梶原さんは2003年2月に突然「失踪」してしまったのです!!!

本人が語るように、自分のキャパを大幅にオーバーしてしまった仕事量で夜寝る時間もほとんど無く、誰にも相談できずに心が折れて(心身症)しまったのでしょう。

キンコン西野もネットビジネスで生きている

梶原さんの相方である西野亮廣さんも最近ではTVで見かける事は少なくなりましたが、実はネットビジネスで大成功を納めています。

会員制の『西野亮廣エンタメ研究所』というコンテンツを立ち上げ、月会費1,000円のオンラインサロンで2万人の登録者数があるそうです。

ざっと見積もっても月になんと2000万円という莫大な収入を得ている事がわかります。

また、西野は『西野亮廣エンタメ研究所』のリンクと共に「【お知らせ】吉本興業との契約に関して、看過できない支障が生じたので、少し整理をして、どこかのタイミングで発表したいと思います。現在、状況確認中です。」とツイート。

最近問いただされている「吉本興業」のの部分、更に吉本興業所属でありながら独立状態にある彼が、ほぼ自力で成功を収めてきた実績を考えると、吉本との契約のメリットがあまり感じられなくなっているのではないでしょうか?

まとめ

久しぶりにTVで顔を見せた梶原さんは、以前起こした失踪事件をネタにするほど明るく、そして健康的な笑顔を見せてくれました。

しかも、キンコン絶頂期より、数倍もトーク力が上がって現場をドカンドカン笑わせまくっていました。

やはり、人というものは失敗から学び、そして成長するのだという事を現在の梶原さんの姿を通して感じる事ができました。

これは2人共に言える事ですが、キンコンの時よりも幸せそうですよね!

これからも梶原さんを応援し続けますよ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!