冷蔵庫に余った食材で作るぬか漬けレシピ

ぬか漬けは簡単に、そして美味しく、発酵食品で乳酸菌が含まれているので健康にも嬉しい食べ物です。今回は冷蔵庫で余った食材で作るぬか漬けレシピについて紹介します。

ぬか床を用意する

ぬか漬けにはぬか床が必要です。

ぬか床というと、毎日かき回さなくてはいけない、管理が大変、というイメージがあるかもしれませんが、最近では冷蔵庫に入れておいて、何日かに一回かき回せばできるというぬか漬けセットが販売されています。

1週間以上出かける場合は冷凍して、1ヶ月くらい持つというのだから、随分と扱いやすいですよね。

ぬか漬けセットであれば、あらかじめメーカーが作ったぬか床を購入できるので美味しいですし、失敗がありません。

使っているうちに味が抜けてきたら、昆布を足したり、みかんの皮や唐辛子などを入れて、味をつけるとどんどん良い味になっていきますよ。

ぬか漬けに合う余り野菜

ぬか漬けにはだいたいの野菜が合います。しかし、今回は余りやすいけどぬか漬けに合う野菜を紹介します。

大根

定番といえば定番ですが、大根は一本で買うと、使いきれないことがよくありますよね。

そんな時、皮をむいて適当な大きさに切り、沸騰しているお湯の中に数分入れ、周りが少し半透明になったくらいで取り出します。

熱が取れたら塩をまぶしてぬか漬けにしておくと味がしみやすくて美味しいですよ!

人参

人参もついつい余りがちな野菜です。ぬか漬けの良いところは切れ端でも使える、というところです!

皮をむいて少し湯通しし、塩を揉み込んでぬか漬けに入れておきましょう。

人参が苦手な子どもも思わず食べれるようになるかもしれませんよ。

ブロッコリーの芯

ブロッコリーというと、房の部分は使いますが、芯の部分は少しは使っても、大部分が無駄になってしまうことが多いのではないでしょうか。

その芯の部分の皮をむいて、ぬか漬けにつけておきます。

食べる時に薄くスライスして食べると、ザーサイのような味がしてご飯にめちゃくちゃ合いますよ。

ブロッコリーは芯の部分が一番栄養が多いので、そういった面でも嬉しいですよね。

ぬか漬けに合う野菜以外の食材

ぬか漬けには野菜以外にも色々な食材が使えます。その食材について紹介します。

ゆで卵

ゆで卵をそのままぬか漬けに入れておくと、美味しい味付き卵になります。

その味は癖になってしまうほど。

中まで染込むために2日以上漬けておいた方が、味を堪能できますよ。

チーズ

チーズ付きの人はぜひ試してほしいチーズのぬか漬け。

実はかなり美味しいです。

プロセスチーズを単にぬか漬けに入れておくだけで、コクのあるチーズの出来上がりです!

ぬか漬けを食卓に取り入れよう

ぬか漬けは冷蔵庫の整理ができるだけではなく、発酵させることで栄養も取れ、切るだけでおかずが一品増えるので、主婦にとっても嬉しいですよね。

また、野菜が苦手な子どもでも食べられる確率が大きいので、ぜひ野菜嫌いで困っているママたちには試してほしいですね。

ぬか漬けを食卓に取り入れて、健康に食材を無駄なく使い切りたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!